人材開発

スキルレベルの高い技術者を招聘した上で、各母国及び日本国内で、日本の顧客にフィットするべく教育を行います。
また、それで満足することなく、徒弟制度を組みOJTを行いながら即戦力となるよう仕上げていきます。